士業へ依頼して時効の援用を成功させよう|困った時には相談しよう

労働紛争を防ぐために

男性

横浜市内をはじめ、日本全国で労使間のトラブルが多く起こっていますが、その原因として就業規則など労働契約の内容が整備されていないことが挙げられます。そのような場合は、労働関係法令の専門家である社労士のサポートを受けることがベターです。

事故の示談交渉

男の人

運悪く交通事故の被害者となってしまった場合、加害者が加入する保険会社から金銭補償を受けることが一般的です。しかし、後遺障害の認定などを巡って示談交渉で揉めるケースもあります。保険会社との示談交渉でお悩みであれば、まずは法律の専門家である弁護士に相談してみるのがよいといえます。

士業に任せるメリット

法律書

自力で行うことも可能

借金などの消滅時効を成立させるには、3つの条件が必要となります。1つには一定期間が経過していることです。通常の債権は10年、商行為による場合には5年で消滅時効にかかります。2つには、時効の中断理由がないことです。時効の中断事由とは、裁判による請求、内容証明による催告、差し押さえです。これらが行われていないことが条件です。また、債務者側が借金があると認めた場合にも時効は中断します。そして最後の条件に、時効の援用があります。時効の援用とは、「借金の消滅時効が成立したので、今後は請求をしないでください」とはっきり意思表示を行うことです。この通知は、トラブルを避けるためにも、内容証明などで行うのが一般的です。そして、自力で行うことも可能です。例えば、インターネット上には、時効の援用通知書の文例が見られます。これを参考にして、内相証明を作成し相手に郵送すれば、自力でも借金の消滅時効を成立させることが可能です。

士業に依頼すること

弁護士や司法書士などの士業に、消滅時効の援用手続きを代行してもらう手段もあります。士業を活用するメリットは、法律のプロに対応してもらえることです。例えば、援用通知書を送ったにも関わらず、相手が逆に権利を主張し、トラブルになる場合もあります。こうしたトラブルが起これば、対応に苦しみ、泣きを見る可能性すらあります。この点、弁護士や司法書士を活用すれば、あなたの代理人として、しっかりと法律に基づいた権利を主張を行ってくれるでしょう。このように、弁護士や司法書士は書類作成から、相手への対応まで全て任せることが可能です。また、書類作成だけであれば、行政書士も対応が可能です。なお、弁護士事務所や司法書士事務所では、無料相談を行うところが多く見られます。これを活用して、事情を聞いてもらったり、料金についての確認などを行ってみましょう。親身な相談を行ってくれる法律家には、任せる価値は十分にあります。

家族の幸せを願うなら

女性

元気なうちに遺言作成しておくことで、相続人間の争いを回避できるようになります。自分が死んだあとも仲の良い家族でいてもらいたいと考えているのなら、弁護士や司法書士の遺言作成サービスを利用して、法的効力がある遺言書を作成しておくのが望ましいです。