士業へ依頼して時効の援用を成功させよう|困った時には相談しよう

家族の幸せを願うなら

女性

遺言書を作っておこう

仲が良かった兄弟姉妹が、親が残した遺産の取り分をめぐって骨肉の争いを繰り広げるケースがよくあります。「うちには財産らしい財産はほとんどないから大丈夫」と言う人がたまにいますが、財産の多寡に関係なく争いは起こります。遺産を目の前にした途端、人が変わったようになってしまう人が実際によくいますので、「我が家は絶対に大丈夫」などと過信しない方がよいです。自分の死後も、家族全員で協力し合って仲良く暮らし続けてほしいと望んでいるのであれば、元気なうちに遺言作成しておくのがベストです。遺言書が残されている場合は、そこに書かれている内容通りに相続することが原則となっていますから、相続人が集まって遺産分割協議をする必要がなくなります。遺言作成しておいても、その通りに遺産相続が行われるかどうか心配だという人は、遺言作成を手伝ってくれた弁護士や司法書士に遺言執行者になってもらっておくようにするとよいです。

自筆証書遺言

一番よく利用されている遺言書の形式は、自筆証書遺言です。これは、本人が手書きで作成する遺言書です。紙とペンとハンコさえあればいつでも遺言作成することができるため、多くの人がこの形式で遺言書を作成しています。ただし、とても強力な法的効力を持つ書面ですので、細かな約束ごとが定められています。たとえば、ワープロで本文を作成して最後の署名だけを自筆にする人が時折いますが、そのような遺言書は家庭裁判所の検認手続きで無効と判断されてしまいます。せっかく作った遺言書が無効になってしまっては、苦労した意味がなくなってしまいます。ですので、自筆証書遺言を作成する場合も、弁護士や司法書士の遺言作成サービスを利用するようにした方がよいです。そうすれば、法的に有効な遺言書を作成できるようになります。