士業へ依頼して時効の援用を成功させよう|困った時には相談しよう

労働紛争を防ぐために

男性

就業規則整備の必要性

ここ最近、横浜市内をはじめ、日本全国で労使間のトラブルが後を絶ちません。トラブルが起こる原因としては、労働者の権利意識が高まった、という側面もありますが、一番大きいのは、就業規則など労働契約の内容が整備されていないことです。就業規則は全労働者に共通する労働契約の内容であるため、労働者が守らなければならないことや使用者側の権利は当然明記しておかなければなりませんが、規定がなければいけない様なことが規定されていないケースが往々にしてあります。また、規定自体は作り込まれていても、労働者に周知させていないケースもあります。そのような事から、ここ横浜市内でも民事裁判にまで発展するケースが少なくありません。労働トラブル防止のため、就業規則等を整えようと思えば、労働関係法令の専門家である社労士のサポートを受けることがベターです。

サポートを受ける際の工夫

社労士の業務は社会保険手続き、助成金申請、給与計算など多岐にわたりますが、就業規則など規定類の整備を得意とする社労士が横浜市内には多くいます。社労士のサポートを受けるにあたって大事なのは、自社の規定類や労働契約書などをもれなくすべてチェックしてもらうということです。社労士はそれらをすべて確認したうえで、就業規則自体を作り直さなければいけないのか、一部分の訂正で行けるのか、それとも賃金規程など別規則を新たに設けなければいけないのかを判断します。自社で起こっているトラブルや問題も包み隠さず社労士に伝えることも重要です。就業規則の作成だけで終わるのではなく、顧問契約を締結し、継続的に社労士のサポートを受けることによって、よりよい就業規則の運用ができます。横浜をはじめ、神奈川県内の企業の多くが、就業規則作成をきっかけに社労士を顧問として迎え入れています。