士業へ依頼して時効の援用を成功させよう|困った時には相談しよう

事故の示談交渉

男の人

自分自身は安全運転をしていたり、自動車を所有していない場合であっても被害者という形で交通事故に巻き込まれるケースがあります。運悪く交通事故の被害者となった場合、交通事故の加害者が加入している保険会社から金銭補償を受けられることが一般的です。しかし、保険会社との見解の相違によって納得のいく補償額が提示されないケースも少なくないといわれています。特にむち打ちなどの各種後遺障害については、交通事故との因果関係の見解で揉めるケースが多いといわれています。そうした場合、示談交渉の素人である個人が保険会社側と対等に渡り合うことは非常に困難となります。そのため、後遺障害の解釈などの示談交渉で保険会社と揉めた場合は、法律の専門家である弁護士に相談するのがよいといえます。

個人で対応する場合と弁護士を入れて示談交渉を行う場合を比較すると、弁護士を入れて示談交渉を行った方が保険会社側の提示額が増加する傾向があるとも言われています。後遺障害の内容にもよりますが、後遺障害が認定されるかどうかで最終的な補償額が大きく変わってくるケースも少なくないといえます。保険会社側の提示する示談内容に納得できない点がある場合は、少なくとも個人で即決せずに一度弁護士に相談だけでもしてみるのがよいといえます。弁護士が過去の類似事案の判例なども踏まえて妥当な内容であるかどうかについて助言してくれます。示談が成立した後では覆すことは非常に困難となりますので、一人で悩んでいるぐらいであれば早めに専門家に相談するのがよいといえます。